カテゴリ:パン・ド・カンパーニュ( 20 )

b0319369_20281435.jpg





くるみのカンパーニュを焼きました。





卵のココットにつけながら食べました。






とってもおいしかったです。





今回は加水は低めで、サンドッチなどに使いやすい仕上がりです。














b0319369_20285731.jpg

くるみの下処理、今まではローストしたものを混ぜ込む前に少し蒸す程度でしたが、今回は初めてクルミのあく抜きをしました。






クルミの皮に主に含まれる成分(あく?)で、生地が紫色になるのを防ぐのと、クルミのえぐみをとるためです。





クルミを下茹でしてから普通に乾かして・・・の作業をしてからいつもの下処理。





手間はかかりますが、やっぱり焼き上がりの生地の色や味が全然違います。





味は、私はやはりあく抜きをしたほうが好きかもしれません。





人によってはどうでしょうか?好みの問題かもしれません。
b0319369_20294242.jpg








1kgのくるみの下処理の下処理?をしたので、これからは気楽にくるみが使えます。






やっぱりくるみパン、美味しいですよね~♪






次は加水高めでザクザクっとした食感のカンパーニュ、焼きたいです( *´艸`)






そうそう台風が近づいていて、海など波が高くなりそうで心配です。





来週海に行く予定の我が家ですが、皆様も海水浴などされる方などお気を付けくださいね(*'▽')







では~♪








[PR]
by junjunkaori | 2016-08-13 20:51 | パン・ド・カンパーニュ | Comments(2)

b0319369_14195394.jpg


おひさしぶりです♪




暑いですね。毎日。





リオ五輪を見てメダルを取る選手、そうでない選手、応援しつつ、元気をもらってます♪





私自身はというと忙しいのと、暑いので、なんだか、いろいろなことの記憶が飛んでます・・・。





ルヴァン種のリフレッシュが滞り、いよいよまずくなって慌てて金曜日に仕込んだパン。





生地もだれ気味で、リフレッシュせずにあんなに放置してしまってかわいそうなことをしたなぁ・・・と思いながら
焼き始めたカンパーニュ。
ペタンこだった生地もそれなりに膨らんでくれてよかった。









疲れをいやしに近所の農協の直売所へ行きそこで買った花を飾り、すこし元気が出ました。
b0319369_14192614.jpg










純太郎が、


「白いふわふわのパンパンが食べたい」



というので、ミルクリッチな白パンを、ルヴァン使用で焼きました。
b0319369_14203435.jpg







ポーリッシュ法で仕込んだ前種を冷蔵庫から出したあと勃発した純ちゃんとの喧嘩。







二人とも仕事が忙しく疲れていました。







純太郎も暑さで疲れ気味。





そんな中で始まった夫婦喧嘩(完全に私が喧嘩を売ってしまいましたが・・・。)。






よく、カップルが長続きする秘訣などという話の中で、“好きなことが同じ”も大事だけれども“嫌な事が同じ”ってのがもっと大切・・・って話をよく聞きます。




ああしてほしい、こうしてほしいとかあるけれど、なかなかそんな人の期待に応えるのは難しいし、人に期待もしちゃいけないってなはよくわかっているつもりです。

でも、自分が嫌だなと思っていること、こういうことはしないでほしいって思っているところ、そこは話に聞いたとおり、譲れなくて、お互いの本心を探りあったり、お互いの価値観のほんの小さな違いの落としどころを見つける過程で、つい喧嘩に。






今回も私が純ちゃんに
「○○は絶対やめて!!」(実際には、ぶっちぎれてふざけんじゃね~よ的な発言にまで(恥)ほんと小さすぎてごめんなさい。)

となったわけです。







でも、よくよく考えたら、こうしないでほしいってところ、譲れないとか言っているけれど、わたしのああしてほしい、こうしてほしいを感じ取ってできる限りのことをしていると思われる純ちゃんに、さらに追い打ち的にあれするな、これするなって、厳しすぎやしませんか?傲慢すぎやしませんか?
と半分の自分がもう半分の自分に問いかけます。









宇宙の調和を参考にさせてもらえば、何事もバランス。





してしまった小さな小さな嫌な事に対して、してくれた大きなしてほしかったこと。






これでちょうどバランスが取れているような気がします。







純ちゃんに、してほしくないこと・・を伝えられたことは価値があったと思います。





でも喧嘩までするほどのことではなかったかもしれません。






「純ちゃん、昨日ごめんね。」




と謝れた今日に感謝します。









190円で買ったお花。
b0319369_14185525.jpg






癒されます。





もっと強くなりたい。
もっと優しくなりたい。
素敵な女性になりたい。
気が長くなりたい。
気性が荒いのをいい加減卒業したい。





最後の2つはあきらめるにしても、最初の3つはまだあきらめてません(笑)




さあ、来週もしまっていこ~っ♪
















[PR]
by junjunkaori | 2016-08-07 15:08 | パン・ド・カンパーニュ | Comments(4)

b0319369_15094393.jpg





ミックスベリーに砂糖をまぶして火をとおして、いつもの大好きなベリーベリーベーグルを焼きました♪





酵母はライム酵母ストレート!!






粉はハルユタカ100。






爽やかなライムが酵母になって一層爽やかに。(なんとなくそんな香りです(笑))






2次発酵までしっかりとって私の大好きなふかふかベーグルにしています。





相変わらず無骨なベーグルですが、お味はgoo~!!
b0319369_15063437.jpg








純太郎も大好きなほんのり甘くて、むっちりふっかり、ブラックベリーの種がプチプチなベーグルでした。
b0319369_15050525.jpg











ライムで酵母だけでなくシロップも作っていました。(こちら♪)






そろそろ出来上がったかなあ~・・・ということで喉が渇いた午前10時ころ♪
b0319369_15003664.jpg







ただ水で割っただけですが、なんと美味しい清らかな味!!(さっぱり~)







秋になったら絶対無農薬のライムでたくさん作ろう!!と思った瞬間でした。
(今回は、熱湯で何度も洗いましたが通常のライムを使ってます(残念))
















こちらもライム酵母ストレート、タイプER使用、くるみと生姜のハチミツ煮のプチカンパーニュ。
b0319369_15023260.jpg









生姜のハチミツ煮が入っていると焼き上がりの香りがすごいです。
美味しそうすぎです(笑)







加水90ちょっとくらいです。
1次発酵後、こんな具合にぶくぶく。
b0319369_15055412.jpg







デロデロとの闘いです。





皮がパリッと、ピチパチと焼きあがって、ほっとひと安心。
明日食べます~。
b0319369_15033239.jpg











  












毎日暑くて、我が家ではデザートも固形物から流動系へとシフトしつつある最近です。


今日は、種にカビが生え始めたかぼちゃを慌てて消費してかぼちゃプリンに。
b0319369_15040930.jpg





はじめは小さなカップに入れていましたが、カップがなくなり(毎度のことですが)大皿で。






このプリンに入れているのが最近お気に入りのこちら↓のバニラビーンズ。
b0319369_15043042.jpg



右はバニラビーンズのペースト。





左はバニラビーンズが鞘ごと入っていてグラインダーのタイプ(鞘ごと調理できます。)。






グラインダーのほうはまだ使っていませんが、たぶん焼き菓子など舌触りが気にならないものがいいのでしょうか。







バニラビーンズも意外と香りが商品によって違いますがこれは好きな香りです~。





どちらも鞘から種を出す手間などが省けるので、忙しいときなどとっても便利で、お手軽ですよ。





お試しください~♪










3人で近くの公園に水遊びに出かけました。
跳ねる跳ねる!!
b0319369_15105017.jpg










はじめは私とずっと手をつないでいた純太郎ですが(おかげで私はスカートを濡らしながら一緒に水の中に。)
慣れてくると元気よく走りだしました。









危ないから走るな~!!という声は空に消え・・・

走る走る!!
b0319369_15150322.jpg










そしておもむろにワニ(のつもり)。
b0319369_15151530.jpg







散々遊んだあとは、純ちゃんのドラえもんポケットのような茶色いバッグから、純ちゃんが温かいタオルを取り出して、純太郎をふきふき。
b0319369_15102117.jpg







この茶色いバッグ(クリーニング屋さんでポイントを貯めてもらったそうです♪)には純太郎のお食事エプロンからおしりふき、お着換えなどなどが入っています♡





助かります(^^)







大好きなドライフラワー。
フリフリとかあまり好きじゃなく最近はマニッシュ好きな感じですが、花は好きです。
寝室を中心にうちの中のあちらこちらに少しずつ飾ってます。
b0319369_15082996.jpg










今パパと純太郎、二人は同じ格好をしてお昼寝中です(笑)

はあ、なんだか心温まる日曜の午後でした(´ω`)。










では、また~♡












[PR]
by junjunkaori | 2016-07-10 16:15 | パン・ド・カンパーニュ | Comments(2)

b0319369_15313857.jpg




この時のカモミール酵母でパンやお菓子を焼いてます。










こちらはラム漬けドライフルーツのケーキ、レモン風味です。










ドルチェ×カモミール酵母ストレート25%×卵×菜種油。











b0319369_15323932.jpg

フキで作った自家製のアンゼリカなどが入っています。






アイシングにはメイヤーレモンの果汁を絞り入れて、皮のすりおろしをのせてます。







カモミール酵母の発酵力、思った以上に強くてもう少しリキッドの量は減らしてもよさそうです。
b0319369_15311032.jpg









ふ~ん、甘くていい香り。






ラム漬けフルーツたっぷりと酵母の効果で日がたつにつれしっとりと味がなじみおいしいです。






カモミールの香りはさすがにしませんが、ふんわり感の強い酵母のようで、気に入りました♪









こちらはやはりカモミール酵母のカンパーニュ。
b0319369_15300721.jpg







黄色がきれいなキタノカオリとE65で。



久しぶりの高加水仕込み。




エッジがきれいに立たず残念ですが、味はとっても美味しく香りも最高です。








高加水の時は特にしっかり焼きこみます。







まんべんなく気泡が入ってしっとり口どけのよいクラム。


b0319369_15352664.jpg






ガスオーブンがまだまだ使いこなせずに、右往左往しておりますが、それも楽しみながら♪
b0319369_15360511.jpg









カモミール酵母リキッドと微サフの角食。
b0319369_15345974.jpg









こちらはキタノカオリ×すこしの米粉で。









いつもより加水高めの角食にしてみると肌理が粗めですが、しっとり吸い付くようなクラムになりました。
b0319369_15344586.jpg













多めに仕込んで、押し麦をトップにのせたバンズも焼いて、ハンバーガー用に♪
b0319369_15342365.jpg












それからそれからやっとアンチョビの本仕込みです。
b0319369_15315919.jpg







前処理の塩漬け(←この時仕込んでます)を1か月くらいしますが、早めに終えて、オリーブオイルに漬け込みます。








これを常温で1か月以上熟成させます。







出来上がるのが楽しみ♪


















b0319369_16142989.jpg

ずいぶん前に金魚すくいで純太郎がすくった黒出目金のクロちゃんが今日亡くなりました。








大きくなるにつれてクロは黒色から綺麗な金色に成長して、名前とは不釣り合いな姿に成長しました。








2週間くらい前から水槽の底に沈んでいたり、ひっくり返っていたり、いわゆる転覆病?という病気の症状が出ていたので、急いで他の金魚もいる水槽から金魚鉢にうつしてお世話をしていましたが、いよいよ昨日の夜からお腹を真上に向けていたので、その時が来たという気持ちでいました。





朝になると、もうすでに死んでしまっており、純太郎が起きてくるまでそのままにしておきました。





純太郎が起きてきたので、クロちゃんが死んだことを純太郎に説明するも、意味はあまりわからないようでした。






“死ぬ”ということを自分がいつ知ったのか、私は記憶にありません。






純太郎はどんな風に“死ぬ”ということを学ぶのでしょうか。








パン焼きにしても毎日の生活にしても、こんな中途半端な状態で、もし死ななければならないとしたら、自分の人生はどのような実りを残して終えることができるのでしょうか。



なにも残らないように思います。




そのように考えると、いかに日々の自分が今の自分を否定しているのでしょうか、そのように実感してしまいます。




今の自分を受け入れていない。




でもそんなのってとっても悲しい気がします。




今の自分を心から受け入れながら認めながら過ごす、




自身の成長を投げ出して甘やかす・・・それとは一線を画して




納得しながら生きる、そんなふうにできたら悔いのない人生を送れるのでしょうか。






そんなこと考えて生きていたら疲れちゃうので、真っ白になってとにかく真っ白になっていさぎよく生きよう、





そんな風に考えることもあったり。





迷いまくりの人生(笑)






まだまだ青いですね(*'ー'*)











それでは今日はこのへんで~♪























[PR]
by junjunkaori | 2016-06-19 16:52 | パン・ド・カンパーニュ | Comments(2)

b0319369_12551513.jpg




このとき起こしていたラベンダー酵母でやいたカンパーニュ。






ラベンダーの香りそのものを残して出来上がった酵母は焼いても香りを保ち、とっても素敵な香りのパンが焼けました。








キタノカオリ×国産ライ麦粉×国産石臼引き全粒粉。





ラベンダーの香りの食べ物ってどんなんでしょう・・・
b0319369_12535713.jpg

アイスクリームやクッキーなどほかにもラベンダーの香りの食べ物はありますが、パンはどんな感じでしょうなんて思いながら焼きました。





まったく違和感なく小麦粉やライ麦粉のよい香りと調和して、くせ?は感じません。










b0319369_12571679.jpg



翌日まで待って、朝パンをきっている私の後ろを純ちゃんが




「う~ん、パンのいい香りがする~。」





とつぶやきながら通り過ぎました。






加水78%からバシナージュをして最終的にどのくらいになったかは?ですがこのくらいの気泡だと
入れても80%くらいまででしょうか。
b0319369_13003494.jpg


















わたしの好きな小さな気泡と大きめの気泡がちょうどよく混ざり合った状態にはいまひとつでしたが、軽く仕上がってとっても美味しかったです。
b0319369_12594923.jpg








ラベンダーの香りにチョイスしたのは蜂蜜。





今回はいつも使っているクローバーの草花系蜂蜜でしたが、なんとなくアカシアなどの樹木系の蜂蜜でもっとラベンダーの香りを味わいながら次は食べたいなぁなんて思いました。








朝食の風景はまさかのカメラ充電切れで残念ながら撮れませんでした(泣)。













こちらは大好きなルヴァンのフォカッチャ!!
b0319369_12503710.jpg








タイプER×キタノカオリ×オリーブオイル×コッシャ―ソルト。






これで作るツナサンドが大好物です(*´∇`*)




コム・シノワのレシピを参考にした、オリーブオイルをしっかりと生地に練りこみ、焼き上げるときはさっと塗る感じの作り方です。








ほんとうに好きです~(*´ェ`*)ポッ


















焼くだけ焼いてUPできずにいたので、もう少し紹介します。




ルヴァンリキッド配合のパートブリゼのキッシュロレーヌ。
b0319369_12525998.jpg






ベーコンはカリカリに焼いて油をしっかり出してから入れますが、今回は少し変えて、ベーコンをさっと湯通しして余計な油を落として、ふっくらさせてから入れています。






どちらがよかったか・・・・どちらも違うよさがあり、カリカリ香ばしくベーコンにしっかり塩気を感じるのは前者で、やさしいまる~い味なのは後者、こちらはお子様向きにもぴったりです。















そうそう、昨年つけたお味噌がちょうどなくなり、今年つけた分は甘味噌はたぶんもういいかもしれませんが、なんとなくまだ使う気にならず、ずっと試したかったおからの甘味噌を急遽3ヶ月前くらいに仕込み、まだ若いですが出来上がったのがこちら。
b0319369_12514925.jpg








おからは仕込む前にFPにかけてなるべく滑らかにしています。






味見すると、普通の味噌よりやはりざらつきがありますが、軽くてクリーミーな感じで、急遽作ったつなぎのお味噌としては十分。






手軽に作れて、なんだか楽しいです♪






軽くてお味噌感が強烈にないので更にFPにかければいろんな調味料として楽しめそうな予感がします。。










ラベンダーのあとに続く季節の酵母は・・・・・カモミールです♪
b0319369_12521265.jpg


葉の部分もたっぷり入れて、フレッシュカモミールでつくる酵母はりんごのような甘い香りが漂い、期待感UP↑です。














今年結婚4年目を迎える私たち夫婦。
純ちゃんが4本のバラを買ってきてくれました。
b0319369_12581628.jpg









その一本一本のバラの花に、結婚一年目、二年目、三年目を重ね合わせて・・・・
最後の一本のバラにこれからの一年を想像します。









バラの花びらのように、今年も素敵な思い出を重ねていければいいなと思います。









素敵な思い出というのは、私にとっては、必ずしもロマンチックな計画された出来事等ではなく、一緒に手をたずさえ、同じ時間を一緒になって必死に駆け抜けた、そんな風に一緒に共有した時間あったりします。











それが年を重ねるたび、より心に色鮮やかに止まり続ける、私にとっての素敵な素敵なかけがえのない思い出です。











今年も、カッコよく素敵に・・・とはいきませんが、(純太郎もだっこしつつ)一緒に走って、素敵な思い出をたくさん作りましょうね♪
















では、今日はこの辺で~♪

















[PR]
by junjunkaori | 2016-06-13 14:16 | パン・ド・カンパーニュ | Comments(3)

b0319369_17243005.jpg




クランベリーを大すきな白ワインでつけてから、生地に入れて焼いたカンパーニュ。





ふすまもたっぷり入れて栄養価をアップしながら、ふんわり仕上げに。





食べやすいプチカンパーニュにしました。





ルヴァン種使用。



粉はタイプER×有機ふすま×国産ライ麦粉。




クランベリーは一度蒸してから白ワインにまぶして一晩おいてます。






b0319369_17234120.jpg






まるっこいのや、クッペなどいろんなかたち。







やわらかしっとり仕上げに出来上がりました。
b0319369_17273969.jpg







すごく美味しいです~♪






クランベリーも下処理のおかげでジューシーに。
b0319369_17275488.jpg










自分で、食べたいときに食べたいパンを好きな分だけ焼く。






そもそも食べたいパンを焼いているので、と~ても満足、美味しく感じます(笑)。







純太郎大好き目玉焼きと紅甘夏のフレンチサラダとアイスコーヒーで(氷が解けてしまいました。)朝ごはん。
b0319369_17264131.jpg









暑くなって来たのでアイスコーヒーが美味しいです。

b0319369_17261664.jpg













こちらはある日の晩御飯の一品。
b0319369_17220432.jpg

茄子と豚バラの揚げだし風です。



純ちゃんが目下ダイエット中なので、茄子は揚げずにオイル控えめ、豚バラは湯通ししてあります。




茄子は一口大にきったら大さじ1弱の太白ごま油でまぶしてからレンジで柔らかくしています。



こうすると油少な目でも茄子が柔らかく色が綺麗に仕上がります。






豚バラは湯通しして余計な油を落としたら片栗粉を少しまぶしてから揚げだしの汁に入れています。







かつおだしを効かせた揚げだし、生姜をすりおろして、とっても美味しいです。








最近の手抜きデザート。
b0319369_17271450.jpg

レンジで作ったぷるるんミルクゼリーに、自家製フレッシュ苺ジャムをのせて。







純太郎だけでなく、みんな大好きヘルシーデザートです。







苺ジャムのほかにマンゴーピュレなどとっても美味しいです。







それでは、やっと週末ですね~♪






ゆっくり過ごしてくださいね。






では~。。
[PR]
by junjunkaori | 2016-05-13 17:53 | パン・ド・カンパーニュ | Comments(4)

b0319369_15552679.jpg


レモンの皮とヘンプシード、それから少しの黒胡麻で焼くカンパーニュ。




ルヴァン種×レモン酵母ストレートのブレンド酵母。






香麦×タイプER×北海道産ライ麦粉×北海道産全粒粉×レモンの皮のすりおろし×ヘンプシード×胡麻。






b0319369_16093887.jpg




レモンの爽やかな香りとヘンプシードのまったりとコクのあるナッツの風味が不思議なハーモニー。







レモンの皮の苦味が、とっても美味しく感じます。







ヘンプシードってのは麻の実で、花粉症にいいと聞いて早速パンに入れてみました。





松の実のような味わいで、ハーブのペーストなどにも使えそうなこっくりした味。










もう何もいらねぇ・・・・。
手前半分を食べながらの感想。
b0319369_16110115.jpg








そして今回の特徴は、焼き方を変えたせいでクラストがとってもばりっとしっかり焼きあがり、とってもおいしくなりました。
b0319369_16112247.jpg


むぎゅー~ってかみちぎって、ぎゅっつぎゅって噛み締めると、酵母と小麦のコラボレーションが口の中にひろがり、鼻から出て行きます♪













そして、純太郎には、カンパーニュだけだとかわいそうなので、コムシノワのパンドミレシピで、純太郎の大すきなシュガートップのブール。
b0319369_16543775.jpg










と、かっくかくになってしまったパンドミ。
b0319369_16550291.jpg

もう恥ずかしくてよくわからんようになってひっくり返してしまいました(汗)。












それでは、今日はこのへんで~♪











[PR]
by junjunkaori | 2016-03-12 17:00 | パン・ド・カンパーニュ

b0319369_18352078.jpg



出来上がったルヴァンで、プレーンカンパーニュ。





香麦×タイプER、糖分はモルトパウダー、加水80、コントレックス配合。




予備発酵の後、野菜室で10時間冷蔵発酵。





全貌をお見せできないのは、ガスオーブンで失敗したためです。。







でも味は最高に美味しい♪







このカンパーニュでチキンサンドを作りたくて、3日前から鶏の胸肉を酒粕ペーストに漬け込んで、蒸し鶏を作ってありました。




酒粕とチキンの組み合わせ、チーズとチキンの組み合わせのような風味で、そこに香ばしさが加わるとすごく美味しいんです。











b0319369_18361810.jpg










ヨーグルトと酒粕ペーストとマヨネーズに塩、粗挽き胡椒、蒸し鶏のスープほんの少し、レモン汁で作ったソースで早速チキンサンドにしました。
b0319369_18401091.jpg



フォルエピ・クラッシックという最近とってもお気に入りのチーズを挟んで、純ちゃんは朝食に、私はランチにしました。





純太郎は、カンパーニュにははちみつ、蒸し鶏は別にして食べています。







やっぱり、自家製酵母のカンパーニュ、最高です~。





他のパンももちろん自家製酵母で焼くと美味しいんですが、カンパーニュを食べると、私は、いろんな意味で原点回帰します。






自家製酵母のパウンドケーキはカンパーニュの次に好きかなぁ・・・。







純ちゃんは、気をつかってか何かを恐れてか・・・、美味しいしか言わないので、純太郎がもう少し大きくなって忌憚のない意見を言うようになると、私ももう少し成長するかなぁなんて思って純太郎の成長が楽しみでなりません。








仕事でもそうだなぁと思うことですが、何となく・・でやっているとなかなか成長せず、一つ一つ積み重ねるように丁寧に、自分の中で確認しながら進むとゆっくりでも確実になにか得られるものがあるような気がします。




料理などのセンスが無い私は、感覚だけで進んでいくと行き詰ってしまうし、逆に几帳面にしすぎても自分らしさが無くなりつまらなくなってしまいます。




自分らしくいつも自由な感性を持ちながら、地に足をつけて進んでいく、そんなバランスをとってこれからも料理やパン作り・お菓子作りを楽しんで、素敵で、美味しいと言ってもらえるもの、自分も美味しいと思えるものを作りたいと思います。








では、あしたは待ちに待った金曜日。







頑張りま~す♪











[PR]
by junjunkaori | 2016-03-10 19:11 | パン・ド・カンパーニュ

干し柿のカンパーニュ

b0319369_21053605.jpg



レーズン酵母ストレート使用の干し柿カンパーニュ。





とっても久しぶり焼くカンパーニュです。






火加減の調整が上手くいくか緊張しながら焼いたのに、また加水に応じた火加減の調整をわすれました。







香麦×タイプER×北海道産ライ麦×はるゆたか全粒粉×市田柿。






加水82。







b0319369_20594860.jpg

二次発酵中、純太郎とパパと三人で公園に行き、図書館に寄り本を10冊も借りてしまいました。





読みきれるのかしら。







帰ってくると程よくふっくらしていたので、お昼ごはんに鮭のおにぎりを握りつつ、焼きました。
b0319369_21062205.jpg











ビジュアルは微妙でしたが美味しそう。
いい香りです。











クラムはこんな感じに。
b0319369_21075980.jpg




う~ん、しっとりふっくら何ともいい香りで美味しい。。





久しぶりのレーズン酵母ストレート、みずみずしい焼き上がりでうれしいです。











それからちっちゃいパンを沢山焼きました。
一応、ベーグル、クッペ、バゲット、プレッツェル、あんぱん、カンパーニュ、シャンピニオン、タバチュール、クロワッサン、等のつもりで。
b0319369_20575901.jpg

おままごとが大すきな純太郎用に、仕上げにつや消しニスを塗りました。














気に入って一緒に寝ると言い出して本当に寝ました。
b0319369_21273745.jpg

























ここまでは良かったのですが・・・
ちっちゃいパンが食べたい~と言い出し、
b0319369_21283134.jpg

ニスを塗ったから食べられないよ、と言ったら食べたくて食べたくて泣き出しました。










どうにかこうにか、説得の末、ようやく食べることはあきらめたようですが、本物のパンとほぼ同じ材料で作っているので、本当にいい香りがするので、私も食べたくなるので、かわいそうでした(笑)。































大すきなミモザの花。
b0319369_21434998.jpg










すべてを出し切って咲くそんな風にみえる様子が本当に大好きです。






花が開ききったふわふわの部分と、まだ蕾んでいる部分との混ざり具合も大好き。







黄色い花、なんだかやっぱりいいんです。







それでは、今日はこの辺で~。。
































b0319369_21083911.jpg













[PR]
by junjunkaori | 2016-03-06 21:45 | パン・ド・カンパーニュ

b0319369_20315338.jpg






ルヴァン×新麦春よ恋×ウーヴリエ×国産ライ麦粉×国産全粒粉にセミドライブルーベリーを折り込んだカンパーニュ。





新麦はるゆたかもとっても美味しかったけれど、新麦春よ恋も美味しい。





ウーヴリエとあわせると、もう強烈な吸水力に加水85%とは思えない生地の張りです。



冷蔵発酵で2日くらい置いても離水する気配はなく、国産小麦の底力を見るようです(笑)。




夜焼きで夜撮り写真。
b0319369_20305912.jpg






一晩寝かせて、粗熱がしっかりとれてじんわり酵母の味が漂ってきたころが本当に美味しいです。
b0319369_20322858.jpg





トーストしなくても十分美味しいのは手作りならではかなぁなどと自己満足しながら食べました♪






折り込んだせいでベリーの箇所にムラができてしまいましたが、折り込むことでカンパーニュのプレーンな味と、フレッシュ感がのこったブルーベリーがいい形でまとまり、この味はとっても好きです。






生地も、とってもみずみずしいのに決して重たい感じやブレッドナイフにつくようなねっとりした感じはなく、軽い仕上がりです。
b0319369_20324854.jpg




何度も何度も試しながらつくったルヴァン酵母。



成形や粉の知識などまだまだ未熟なのに毎日美味しくパンが食べられるのは、このルヴァンと純ちゃんと純太郎のおかげかなと思ってます。




これからも満足することなく、もっと美味しいパンが焼ける、もっと美味しいパンの味を想像しながらそんな理想に向かって頑張りたいと思います。













こちらは、いつも作る麹の甘酒のレシピで白米のおかゆを使うところを一部古代米で甘酒を作ってみました。
b0319369_20394105.jpg

(右はほおずきとライ麦のビスコッティ。)




純太郎のおやつはもっぱら最近はこれです。






それからお正月黒豆をたっぷり煮て、一部はドライに。
b0319369_20363340.jpg






これも純太郎のいいおやつ。


私も大好きです。







ぼちぼち今年もこんな風に作りたいものをちょぼちょぼ作っていければ幸せかなと思います。







では今日はこのへんで~♪











[PR]
by junjunkaori | 2016-01-07 21:09 | パン・ド・カンパーニュ | Comments(4)