カテゴリ:お菓子づくり( 77 )

b0319369_15072412.jpg







練りパイ生地をレーズン酵母で仕込んで5日間。





洋なしの追熟のタイミングもぴったり♪




ということで洋ナシのタルト。
b0319369_15053940.jpg







カットしたら白ワインとリキュールをまぶします。






クリームはカスタードとアーモンドクリームを半々にして、洋ナシをまぶしておいて残ったリキュールもいれてしまいます。










パイ生地にクリームをいれて軽く焼いてから、さっきの洋ナシをのせて、よ~く冷やしたら食べごろです( *´艸`)







お酒の風味がほんのり香るタルトです。
b0319369_15045826.jpg









ちなみにパイ生地は


バター50g
薄力粉100g
塩 少々
グラニュー糖 塩より少し多めの少々(笑)

☆冷たい酵母液(ない場合は冷水でOK)

☆以外をFPにいれてバターが米粒くらいになるまで回します。
☆FPを回しながらを少しずつ入れて生地がひとまとまりになったらできあがり。



酵母入りの場合はラップにしっかりくるんで3日から1週間程度ゆっくり寝かせます。
冷水の時は3時間から一晩位寝かせれば十分です。






簡単でとってもいい香りの練りパイ生地ですよ~♪





全く脂っこさがなく、さっくり美味しくて、おきめの一切れもあっという間に食べてしまいます。










フレッシュの洋ナシはカットするとあっという間に追熟がすすんでしまいますので、持ち歩きするときなどは軽くコンポートにしてから使ったほうがいいかもしれないです。










「どれくらいたべられる~?」




「これくらい?
 これくらい?
 これくらい?」




とどんどんカットするナイフが大きくシフトしていくのを楽しみながら、みんなでするお茶の時間。







つかの間のひと時です。
b0319369_15074671.jpg





























純太郎は、まだグレープフルーツがすっぱくて食べられません。





そこで、生のグレープフルーツだけで作ったグレープフルーツのつぶつぶゼリーにしてみました。
b0319369_14594202.jpg










むかしはグレープフルーツを半分にカットしてグラニュー糖をかけてギザギザのスプーンで食べた思い出、皆さんもありますか?







そんな食べ方をイメージして、お砂糖をすこしいれて作っています。








火を通してもグレープフルーツのフレッシュ感がたっぷり残った美味しいゼリーです。







今回は、小さめのホワイトグレープフルーツを使いましたが、ピンクでも。
大きめならグレープフルーツの中をくりぬいて器にしても楽しいです♪
b0319369_15000605.jpg

















b0319369_14591402.jpg

先日焼いた角食でシャキシャキレタスサンドならぬシャキシャキきゅうりサンド♪







きゅうりにほんの少し塩をふり、粒マスタードと好みで和からしで和えて、サンドイッチにします。








地味ですがとっても美味しい一品ですよ~。









仕事から帰ってきて、遅くなってしまって、でもお腹を空かせている様子の純太郎。





どうしよう・・・・。





そうだ、あの大好きな自家製発酵バターでオムライスにしよう!!
b0319369_15085057.jpg







あとは冷蔵庫に残ってた自家製の鳥ハムと、昨日のお豆ごはんでオムライスに。






ケチャップはできるだけ少なめにして、バターの香りが引き立つように味付けをします。







出来上がったのは大きな穴が開いたオムライス。





でも二人で、ケチャップでお決まりのお絵かきをして美味しく食べました。








あっという間に大きくなる純太郎。
b0319369_15022919.jpg










いつまでもいつまでもこのまま私の小さな純太郎でいてほしいです~(絶賛子離れ準備中です(*´з`))
b0319369_15031471.jpg
















では~♪






[PR]
by junjunkaori | 2016-09-11 16:14 | お菓子づくり | Comments(4)

b0319369_19430724.jpg



プラム酵母でスコーンを焼きました。



先日ご紹介した自家製発酵バターの副産物のバターミルク使用です♪




自家製酵母のスコーンは、ざっくり感があるものが好きでしたが、バターミルクを使うとふんわりほろりのやさしい仕上がりです。




自家製プラムソースに自家製発酵バターや生クリームで食べました( *´艸`)







b0319369_19433084.jpg


焼きたてに、あたたかいロイヤルミルクティーと行きたいところでしたが、暑かったのでアイスロイヤルミルクティーにしました。



BPをつかったスコーンも大好きですが、自家製酵母使用の自然な柔らかさも大好きです。。









b0319369_19411776.jpg


それから最近小さめのバゲットを焼いて、朝食時に1本そのまま焼きなおしたものをカットして自家製発酵バター(無塩)にお塩をパラりと振って食べるのが大好きです。



1本そのままのバゲットを、温めたオーブントースターに入れて霧吹きして焼いて、カリッとしたところを厚めにカットして、バゲットの気泡の穴に、バターを押し込んでお塩をぱらっと振ります~。





本当に焼きたてと変わらない美味しさな上に、冷蔵庫から出したての硬いバターも気泡めがけて塗ればあっという間に溶け出して染み込みます♪




さらにさらにその付け合わせで気に入っているのが、生マッシュルームのスライスとパルメザンチーズたっぷりのサラダ。





生のホワイトマッシュルームの美味しさに最近はまり(笑)、感動しつつ食べてます(*'▽')





マッシュルームがうまく映らなくて美味しそうな画像がなくて残念・・・ですが。








そうそう、純太郎が先日体調を崩しました。




原因は脱水症状。



親の責任で起こってしまったことで、本当に反省しています。



休日、涼しかった日、突然純太郎が頭が痛いといいはじめ、真っ青な顔色になり、あっという間におう吐し始めました。


怖くなり、急いで休日診療に連れて行きましたが、あいにく小児科を見れる医師がいないということで見てもらえず、次第にぐったりうつろうつろする純太郎を抱え、紹介された次の病院へ向かう車の中、症状をネットで調べていると、熱中症に似ていましたが、熱が全くなくて、むしろ体が冷えているような気さえします。


たどり着いたのが脱水症状の症状・・・。



そういえば、その日は涼しくて普段からそんなに水分を取りたがらない純太郎が普段よりさらに飲み物を口にしていなかったかもしれないとその時気がつきました。



かなり確信があったので、次の病院に直行せず、急遽自宅に一度帰り、寝かせて、涼しくしながら経口補水液をスプーン1杯ずつゆっくり与えると、1時間弱でみるみる元気になり、2時間後には元気に走り回り夕ご飯のおうどんの汁をしっかり飲み干しました。




すぐ次の病院へ向かう準備もしつつ、いったん自宅に戻って水分をゆっくり取らせてよかったと安堵しました。



小さな体。


あっという間に取り返しのつかない事態になってしまいます。


守ってあげないといけないのに、危険にさらしてしまい本当にごめんねという情けない気持ちと、あっという間に回復してくれたことに感謝する気持ちとで、ただひたすら純太郎に寄り添っていた一日でした。



まだまだ残暑が厳しいので、これからもまだまだ小さな純太郎の体調には気をつけなくてはいけません。





では、涼しくなるまでもう少しかかりそうですが、皆様も体調にお気を付けくださいね。。















[PR]
by junjunkaori | 2016-08-31 20:28 | お菓子づくり | Comments(4)

b0319369_17024078.jpg




プラム酵母で仕込んだマデイラケーキ生地でプラムのアップサイドダウンケーキを焼きました。





しっかりしつつも軽い感じの生地にほんの少し生姜のしぼり汁を絞って色を出してキャラメリゼしてから使ったプラムがとろけて、美味しく焼けました。





プラムの隙間にワッフルシュガーを少し入れて、酸味が柔らかくなるようにしました。






砂糖が白っぽくなってしまいましたが味は最高です♪





マデイラ生地のレモン風味とプラムの甘酸っぱさがとっても相性よく美味しいです。








ついでにプラムソースも作り置き。
b0319369_17041403.jpg



おいしすぎる♪






プラムソースは少しの生姜のしぼり汁と白ワインと砂糖で皮付きのまま火を通してから後で皮を取りました。
b0319369_17035843.jpg










プラム酵母でつくる自家製発酵バターとバターミルク♪
b0319369_17050989.jpg






プラム酵母リキッド大匙2を脂肪分40%以上の生クリーム1パックにいれて軽く混ぜたら25℃で24時間くらいでしょうか。



容器のふちの部分からヨーグルトのように生クリームが固形化し始めるころが目安。





一度冷蔵庫で一晩ほど寝かせて、シェイカーでシャカシャカして分離するまで5分くらい頑張ります。





分離したら、バターミルクとバターに分けて生クリーム1パックでこんなに作れました♪






このバターが本当に美味しくてやめられません!!






バターミルクはこれを使ってふんわりスコーンを焼きたいと思います。











夏休みをとって水族館に泊りで行ってきました。

シャチのショーやエイを触れる体験コーナーで大興奮の純太郎。


ホテルに泊まるのもとっても楽しかったようです。


興奮冷めやらぬ純太郎。


うちに帰ってきて二人で作ったお面。
b0319369_17012658.jpg




純太郎はイルカさん。

私はカニ。

パパは大きなイルカのお面です。


ずっとかぶってます(笑)

何度もイルカが取れかけては修復して、近所にお買い物に行く時も、寝るときももちろん一緒です。



まだ夏休み中の私と今日は紙コップでロボットを作って遊んだあと、こんな風に積み重ねて遊んでます。



いつも保育所に行っている純太郎ですが、夏休み初日はふたりとも何をしていいのやら・・・


というかんじでしたが、二日目の昨日、三日目の今日は工作をしたり自転車の練習をしたり、近所の和菓子屋さんに水ようかんを食べに行ったりして、たくさん遊べました。



楽しそうな純太郎をみて元気をたくさんもらいました~。




それにしても子育てってやっぱりすごく体力も精神力もつかいますね~(汗)。






ではまた明日から仕事がんばりま~す♪















[PR]
by junjunkaori | 2016-08-24 17:49 | お菓子づくり | Comments(0)

b0319369_13565970.jpg

Happy Birth  Day ♪
















純太郎が6月で3歳になりました。(パジャマで失礼します。)
b0319369_14395511.jpg











私は純太郎と純ちゃんが2人で出かけたり、純太郎を保育所にあずけていると、突然ものすごく純太郎の安否が心配になってしまうことがあります。











なにかあったらどうしよう・・・・そんな不安をよそに今まで特に大きな怪我もなく無事に3歳を迎えることができて、本当にありがたくすべてに感謝するきもちでその日を迎えました。













毎日、自分の子育てについては疑問や不安を持ちつつ、とにかく逞しく、そして優しい子に育ってほしいと願うばかりです。













b0319369_13572608.jpg


今年はいいかなぁ・・・と思っていたバースデイケーキですが、











「今年はやかなくていっかなぁ・・・」とつぶやく私に、純ちゃんが少し残念そうな顔をしていたので、








拙い私のケーキでもないとさみしいらしい・・とやっぱり焼くことに♪














6月はもうイチゴもなくその代わりにだいたいフレッシュいちじくのケーキを作るのがほとんどですが、今年はいちじくが出回るのもなんだか遅め?なので、輸入品のイチゴですがイチゴのショートケーキにしました。












ナッペの下手さがもはやトレードマーク的になりつつある自分のケーキですが、やっぱりそれでも手作りケーキはすごく美味し~(笑)。










今年はスポンジがなかなか上手に焼けたような気がします。
b0319369_13574826.jpg









ブランデーシロップをたっぷり打ってしっとりふんわり、いい香り♪













冷蔵庫で冷やしてからたべます~。























パンは、今週は黒パン。
b0319369_14120919.jpg









カモミール酵母×微サフ×ハルユタカ100×マルチグレイン。






お山とドッグパンで。











う~ん、しっとりふんわり、ひきがよく歯切れのいい焼き上がり。
b0319369_14012330.jpg













ハルユタカ100、やっぱり美味しい。。
b0319369_14002396.jpg















おやつに焼いたのは、ラベンダー酵母のショートビスケットです。
b0319369_13591064.jpg







卵は入れずに、その代わりに酵母液で。








焼き上がり、型から外すと、ラベンダーの香りがふんわり漂います♪





 

生地は2~3日冷蔵発酵させてます。










b0319369_13583007.jpg
ふんわりほろほろバターの香りが優しくシンプルでほっとする味でしょうか。











こちらはライム酵母。
只今発酵中~。
b0319369_14030735.jpg








それからライムシロップ。
b0319369_14051287.jpg









炭酸やお酒で割ってのみたい。





早くできないかしら~。。
















ドライフラワー作り♪
b0319369_14022153.jpg






ここが一番風通しが良くて直射日光が当たりません。






結婚記念日のバラはそろそろ出来上がり。





トルコキキョウはこれから絞ります~♪






こちらも仕上がりが楽しみです(*´艸`*)。








では、今日はこのへんで~♪








[PR]
by junjunkaori | 2016-06-26 14:55 | お菓子づくり | Comments(8)

b0319369_13525743.jpg



ひさしぶりにシフォンケーキです。






久々に集中力を使ってしまいました(笑)(メレンゲと卵黄生地の合体が苦手・・・)






突然のシフォンケーキだったので酵母なし。




チャイティーシフォンにしました♪





濃~いチャイティーに、カルダモンとシナモンをたっぷりめに・・・。






 ‹‹/(´ω` )/››










久しぶり・・というかもともと苦手な型外しに苦戦してケーキが何だか波波模様になりながら、純太郎に騒がれながら、なんとか着席。
b0319369_13503126.jpg

軽くて美味しい。






シフォンやめられな~い。











このふわふわ感が小さな幸せを運んでくれました。













冬場は良く飲みたくなるチャイですが、今のような気候だとなんだか忘れていた存在。










ふと見ると、少しチャイブレンドの茶葉が残っているのを見つけて、整理も兼ねて使いました。













茶葉はこちらのブレンドを使用。
葉々屋さんのチャイブレンド。
b0319369_13521129.jpg





姉の自宅の近くにある紅茶専門店で、時々買ってきてくれます。






スコーンも美味しいそうです。





ミルクでしっかりと煮出して、それを冷ましてシフォンケーキに使っています。







また、茶漉しで茶葉をふるって、落ちてきた細かい茶葉を生地に入れています(茶葉をミルにかける手間を省くため。)。










それから、本当に、お世話になってます。
こちらにこちゃんのゴールデンレシピの数々。。




まずはピーマン種ごとおかか炒め
b0319369_13550769.jpg


種ごとなんだ~と驚きながら、さっそく実践。



これが本当においしくて。



何が美味しいって、ピーマンの種って全然食べても気にならないのと、種が付いている綿のようなところがスポンジのような役目をして、そこに甘辛なおかかのたれ?が染み込んで~♩♩




あとは、白いご飯をほおばって鼻からまるで終わりのないような、気が遠のくなが~いため息でした・・・。






あまりに頼りすぎて、にこちゃんのお母様の料理にまで頼る始末。
美味しそうなこちら筍の姫皮と人参のナムル


こんなかな~とにこちゃん情報を頼りに作ってみる。
白胡麻がなくて残念な黒胡麻にがっかりしつつ。
b0319369_13543701.jpg

純太郎がわしゃわしゃ食べた一品です。





ん~、やっぱり本物食べたい♩♩









こんなにこちゃんが教えてくれた、にこちゃんのお母様も作られていると言う、こちらで紹介されているアリスさんのTGGヨーグルト


へ~。


ヨーグルトを種菌にして豆乳に混ぜた豆乳グルトしか試したことがなかったので、あれはもしかしてなんちゃって豆乳グルトだったのかしら・・・なんて思い、さっそくアリスさんのTGGヨーグルトを、実践。





玄米と混ぜた豆乳がぷるんと固まるだけの種菌づくりのはずが・・・
b0319369_13554608.jpg




どうしてこんなになっちゃうのでしょうか・・。



発酵しすぎでしょう。




パン焼けるかもしれない。。






TGG食べたい。






それでは、連休最終日、今日はこのへんで~♪









[PR]
by junjunkaori | 2016-05-08 15:07 | お菓子づくり | Comments(6)

b0319369_13420760.jpg




レーズン酵母ストレート使用。






液体生地に酵母液をいれて、よく混ぜ、粉類とあわせたら一晩ゆっくり発酵させます♪






エペ×ココナッツフラワー×加熱用ココナッツオイル×卵少し×3種のナッツのはちみつ漬け







それからエスプレッソ濃縮エキスで焼いてます。







焼き立てにラム酒を打って、ラムで粉糖をのばしたグレーズをかけてラム酒香る味にしています。









b0319369_13424837.jpg

3種のナッツは胡桃、アーモンド、へーゼルナッツ。











エスプレッソ濃縮エキスはこちらを使用。
b0319369_13411813.jpg








アイスクリームにかけたり、ティラミスに使ったり、大人なほろ苦さがとても美味しいです♪








酵母で焼くパウンドケーキ、ほろほろしっとりお酒がたっぷり入っているかのような香りと味わい深い旨み。







大好きです。





酵母はそのとき使う材料とやはり相性があるので、それぞれの酵母の癖や風味を知っていれば本当に美味しいケーキが焼けます。













昨日やいたカンパーニュ。
b0319369_13451212.jpg







一日たってしっとり味が落ち着き、カットもしやすいです。





今日はカリッと焼いたらブロッコリースプラウトとアボカドをのせてオリーブオイルに塩・胡椒・レモン汁で。
b0319369_13444884.jpg

















レモングラスとタイムのフレーバーティーでリフレッシュ。
b0319369_13440412.jpg












ポットを温めるキャンドルに心も安らぎます♪
b0319369_13431377.jpg








忙しい毎日ですが、一瞬でもほっと気の抜ける時間を持てるととっても楽になりますよね。











週末。



みなさまもゆっくり休めますように・・・・・。
















[PR]
by junjunkaori | 2016-04-23 14:07 | お菓子づくり | Comments(4)

sakura♪

b0319369_13202527.jpg




桜があっという間に咲いて、散っています。




純太郎は、保育所の送別会等を始めて経験して、お別れのときやお祝いのときに、お花をプレゼントする・・・という風習?
を理解し始めたようで、



「ママに、桜の花をプレゼントする♪」



などと言って、塵行く桜の花びらを追いかけています。





そんな愛おしいわが子の姿を追いながら、桜を楽しめる余裕がなかなかないまま(笑)過ごす最近です♪








でもやっぱり綺麗で、塵行く花に一瞬足を止めざるを得ない程ですね。








せめてもと、桜の花びらを使ってパンなど・・・。






可愛らしいパン屋さん、ユヌクレさんのパンのイメージを元に自分で適当に真似してやいた黒豆とさくらのパン。








マフィンカップで焼いたものと山食で。







ルヴァン使用のポーリッシュ法生地に微サフで。







粉は南部小麦テリヤ特号×スムレラ。







テリヤ特号、あっさりとした味わいが大好きで、今一番気に入っている粉です。






b0319369_13232413.jpg









黒豆は、純太郎が大好きなので、常に煮てストックしてあります。








こちらは最近ラムを効かせるのがブームです。








忙しく、うちに帰ると集中力が途切れて、オーブンをかんかんに熱して焼くハード系を焼くのは純太郎がいるとなんとなくあぶなっかしく億劫になっている最近。







ソフトなパンばかりですが、疲労から胃腸もなんとなく不調なので今の私には消化のよいこのパンたちが丁度良いかもしれません♪


















それから、桜牛乳かんです♪
b0319369_13245401.jpg










あっという間に作れてますがあっという間に食べてしまいます(笑)。










小さいとき、母がよく溶き卵をいれた甘い寒天ゼリーを作ってくれました。








それが嫌いで嫌いで仕方がなかったのですが、今思えば、ヘルシーで、栄養面でも最適なものを母なりに作ってくれたのだろうと、温かい気持ちになります。







卵かんは今も苦手(笑)なので牛乳かんで。







でも案外純太郎は卵派かもしれないので今度つくってみようかしら。
b0319369_13252436.jpg
















道端に咲いている花を摘んで挿してます。
b0319369_13270257.jpg











純太郎が最近自転車に乗りたがり、猛練習中♪
b0319369_14003954.jpg









パパもお付き合いして二人で頑張っています。
b0319369_14004959.jpg









私も一緒に外に出て、自分の家事仕事から手を離して、こんな時間でお花をつんだりしています。













そして後はひたすらうちの掃除をしてご飯を作ってあっという間に一日が終わってしまいます。










もう少し自分に時間をかけたいなぁなどと思いながらやっぱり難しい~。





それと、お料理ももっと美味しく盛り付けも綺麗にしたいなぁとか向上心はあるのに仕事はただひたすら頑張ってはいますが、もっともっと・・・みたいな向上心はあまりないんですよね(汗)







やっぱりお家仕事というのか、料理?なのかそれが好きなようです。










盛り付けなどのセンスを磨くのは本当に難しいけれど、努力はしたいなぁと常に思ってます。








いつかは素敵な、そしていつも美味しい料理が作れるようになりたいなぁと思います♪










上達の秘訣は人をうちに招いて食べてもらったりする機会を増やすこと・・・なんてことも耳にしましたが、最近やっと自分が焼いたパンやお菓子を人に食べてもらうことに抵抗がなくなったばかりなので、人を招いてお食事となると気が遠くなりそうです。








でもいつかはそんな風に気の置けない人が自分のうちに集まって、みんなでお食事したり・・・なんてのも素敵ですよね。







まあ、人を招くこと、こればかりは向き不向き?好き嫌い?があるので、何ともいえないところもありますが。











それでは、今日はこのへんで♩♩






[PR]
by junjunkaori | 2016-04-10 14:23 | お菓子づくり | Comments(4)

b0319369_13370257.jpg




白ワイン煮の金柑丸ごとマフィンを焼きました♪





レモン酵母ストレート×エペ×アーモンドプードル×ポピーシード×卵×ヨーグルト×加熱用ココナッツオイル(無臭)
が生地ベース。
b0319369_13401077.jpg











一週間寝かせた、金柑の白ワイン煮を前日の夜にシロップから出して、自然乾燥で、すこし乾かしておきます(セミドライよりかなりジューシーです)。









発酵完了した生地をマフィン型に半分くらいいれたら、真ん中に先ほどの金柑をおきますが、このとき金柑をマスカルポーネチーズで包んで入れます(ラップにマスカルポーネを丸く広げ金柑を置いてラップでくるむようにすると綺麗に包めます)♪







そして残り半分の生地を金柑とマスカルポーネを隠すようにのせます。








金柑をマスカルポーネで包むと、金柑がジューシーなままでも生地がべちょべちょすることなく白ワイン煮のジューシー感を残したままで焼き上げることが出来ます。
b0319369_13370257.jpg

ポピーシードと金柑の黄色でフェミニンな雰囲気を出すように焼き色はあまりつけずに、軽く仕上げます。








金柑の白ワイン煮があまりに美味しくて、トップに輪切りにしてのせるつもりが、純ちゃんと純太郎と自分で前の晩お風呂上りに1つずつ食べてしまったので、シンプルな感じになりました。









これが、めちゃくちゃ美味しい。







胸がドキドキしてしまうくらい美味しくて、純ちゃんに、初恋でさえこんなにドキドキしたことないのに、いますごくときめいちゃったんだけど・・・・






と言ったら、






ああ、そう、それはなによりで(優しくsmile)






とのことでした。





まあ、そりゃそういう反応でしょう。







で、これクリームチーズじゃあかん!!





ぜったいマスカルポーネ♪





マスカルポーネがレモン酵母の香りとか、金柑の甘酸っぱさとかにいい具合にスライディングなのです。






クリームチーズの酸味はそんなになくてもいいかなぁという感じでしょうか。

b0319369_13505609.jpg

















エペを使い出したら、エペと言ったら焼き菓子でしょ♪な感じで
パートブリゼを仕込んだり、マフィンを仕込んだりしています。





もちろん酵母使用です♪






もともとはハード系を焼きたくてエペを買ったのですが、どうしたことでしょうか、ただ自分がお菓子付いているだけなのか、ようやくカンパーニュでも仕込もうかしら・・と言う気になってきました。
















こちらは岩手県産ゆきちからで焼いたいろいろパンで朝食の風景です。
b0319369_13323291.jpg





ルヴァンストレートでポーリッシュ法でしこみ翌日微サフでやいたパン各種です。


ラム酒風味の黒豆をいれたパンとか、秘伝豆(枝豆)とチーズのパン等。






岩手県産ゆきちから。





粉に雑味がなく透明感のある味です。






吸水はかなり良くて、粉に癖がなく歯切れが良いです。





混ぜ物やフィリング、ジャムバターなどの味を最大限に生かしたいような場合に組み合わせて使うと上手に使えると思います。




私は美味しいバターをたっぷり塗ってシンプルにトーストを食べたいなあと思いました。






こちらはパンドミ。
b0319369_13332459.jpg






なかなかきれいに焼けました。
b0319369_13341569.jpg









それから、お昼に食べた牡蠣とグリーンピースのパスタです。
b0319369_13305487.jpg







これに使ったのが、ニコリーヌ(♡˙︶˙♡)こちらを参考につくった牡蠣のオイル漬けです♪
b0319369_13273585.jpg







こんなにふっくらとしたまま牡蠣が保存できる上に、オイルには牡蠣のエキスがたっぷり。。







エキスたっぷりのオイルににんにくをスライスしたら鷹の爪と一緒に弱火にかけて、香りが立ったところにパスタの茹で汁をお玉一杯投入。




下茹でしたグリーンピースをいれて、茹で上げ時間から2分前のパスタをいれたら、さっと混ぜて、オイル漬けの牡蠣を直前にいれて温まったら塩味を調整。





パスタがおいしい汁をすったらお皿に持って、レモンをぎゅっと絞り、お好みでほんの少し醤油をたらし、パルメザンチーズをふって出来上がり。






スライスしたバゲットを添えて。
b0319369_13314008.jpg




本当に美味しい~。



にこちゃんいつもいつも頼りっぱなしでごめんなさい。





バゲット一枚に牡蠣一杯に白ワイン一杯。












にこちゃん、まいどね~ありがとう
( *¯ ³¯*)♡ㄘゅ
b0319369_13283546.jpg











では、みなさま良い週末を~♪











b0319369_15354666.jpg









[PR]
by junjunkaori | 2016-03-20 15:32 | お菓子づくり

エペでどら焼き♪

b0319369_15551647.jpg


ドルチェなどでも知られるきたほなみを主原料にしたエペ(中力粉)でどら焼きを焼きました。







ルヴァン種使用です。








エペ×卵×はちみつ×お酒×みりん×醤油など・・・。
















焼き上がりに、はちみつシロップを打って、自家製の粒あんを挟んで、ラップでしっかり閉じてしばらく置いたら出来上がり。
b0319369_15553205.jpg
















エペ×ルヴァン種のどら焼き、美味しい~。
b0319369_15520629.jpg





















もっちり、さっくり、ふんわりが丁度いい塩梅で、均等に交じり合った食感で、味が濃くて、小麦粉のなんだか香ばしい味が、ドルチェとはちがった無骨さを醸しだしていて、存在感のある味です。
b0319369_15503444.jpg


















ルヴァンでかなり焼いたときに生地が膨らむので、通常のどら焼きのレシピより若干水分を多めに仕込んだほうが綺麗に焼けるかもしれません。ちょっと失敗しました。
b0319369_15531695.jpg










重曹やBPで焼くどら焼きの食感も大好きです~。




でも、この不恰好で焼きむらたっぷりなまだらのどら焼きは、私のお気に入りでときどき焼くんです。





人にはあげられないけれど(笑)味はいいんですよ~。ウフフ♪









純太郎が、この前、お昼寝をせずに頑張って毛布をたたんでいるんです。





で、できないっ、、たためない~って癇癪をおこしてね、




そりゃそうですよね、もう眠くって集中力もなくて、できるものも出来ないですよね。



私が、お布団に誘って、




「こっちにおいで。少し休もうよ」




と言うと、



「いま畳んでるのっ」



とイライラして、またできない~って泣いてるんです。



また私がお布団にさそうと、ようやく布団にはいってね、泣いて、


「涙を拭いて頂戴~」



ってないてるんです。


私が、涙をぬぐって


「畳めなくて悔しかったね。」



というと、はっとした顔をして


「くやしいよ~くやしいよ~」



ってないてるんです。



“くやしい”って意味がなんとなく理解できたようで、しっくりきたようでしきりに
くやしいくやしいっていいながら涙が乾くころには眠りにつきました。




悔し泣きの男泣き?


へ~、成長したのかな・・・なんて思いました(笑)。






それはそうと、純太郎ではありませんが、やっぱり人間疲れていたり慌てていると
出来るものも出来なくなったりしますよね。





純太郎に、



「くやしいね。わかるわかる。ママも悔しい気持ちのときあるもん。

 でもね、今は疲れているから出来ないのかもしれないよ。

 お昼寝して起きたらきっと出来るよ。

 悔しいときほどしっかり休んで、起きたらまた頑張ろうね。」




といいながら、そうだそうだ、なんて自分が納得してしまいました。



私は、今はそうでもありませんが、何だか何かに追われるように忙しくして疲れて、上手くいかなくてまたイライラしてって
ありますよね。



進むだけがいいことではない、休むこと、体調を整えることも大切なんですよね。




休むべきっってのもなんか変な気がするので、体の疲れを心がそっと受け止めてすっと横になれるような、そんなスムーズな体と心の関係を大切にしたいと思います。







それでは、皆さま良い週末を・・・・♪






























[PR]
by junjunkaori | 2016-03-18 16:48 | お菓子づくり

b0319369_15531837.jpg




レモン酵母リキッド使用。


ゆめきらり×タイプER×北海道産ライ麦粉×レモンの皮×バニラビーンズ×牛乳×バター





最近レモンにはまってます。




甘く酸っぱい香りが、とにかく食欲をそそり、なにかつくりたいな~とつい買ってしまいます。




皮まで食べれる地元のレモンを沢山購入。






レモンは実以上に皮がすき!!



とにかく摩り下ろして摩り下ろして・・・今日はスコーンに。






レモンは甘さと酸っぱさのなかに、ミルキーな甘さが加わると更に大すきな味になります。







今回はいがらしろみさんのレシピを参考にして自分好みに少し変えつつ、酵母用に変換して焼いてます。





b0319369_15492004.jpg

スコーン生地そのものはバニラビーンズを加えて、まったりした甘い香りをつけながら味は砂糖控えめ。






そのかわり、シュガートップにしてザクザク感を強調しつつ、生地そのものに少ない糖分を補うかたちにしています。











b0319369_15485304.jpg








いままでは、バターなし、生クリームをたっぷり使ったふんわりスコーンが好きだった私。







でも、最近、全粒粉やライ麦などを配合したカンパーニュ風スコーンが食べたくて、そうするとやっぱりふんわりよりザクザクですよね・・・なんとなく。





これが本当に美味しくて大成功。







2~3日後にどんな味になるかや冷め切ったときの中心部分の水分量など、若干確認したいところは有りますが、
レシピを残せればなぁと思います。
b0319369_15534518.jpg









今日は、従兄弟の4歳のお誕生日会でした。
焼きたてのスコーンを冷ましている間に、小さなブーケを純太郎と純ちゃんと3人でお花屋さんに買いに行き、
帰ってきて、冷めたてを少し袋詰めしておすそ分けです。
b0319369_15505220.jpg








お兄ちゃんとたくさん遊んでもらった純太郎。。
b0319369_15520756.jpg





楽しくて楽しくて、帰りは帰りたくないと少し駄々をこねましたが、叔父さんに肩車をして頂いて玄関まで連れて行ってもらうと、楽しくて、上手く気持ちを切り替えられたようで、




「いってきま~す!!」
と、言いながらバイバイが出来ました。。









私と純ちゃんの結婚式に3ヶ月の赤ちゃん姿で出席した従兄弟の小さな男の子も、もう4つ。







時間が流れるのが速いのか、遅いのか、とにかくあの瞬間から今この瞬間、大切な大切な瞬間を積み重ねることができて幸せです。







不思議ですね、仕事をしている中で、本当に嫌な思いをする瞬間も沢山あったのに・・・純太郎との瞬間、純ちゃんとの瞬間、そして今日のような周りの人に包まれる瞬間が、今までのすべての瞬間を昇華してくれるかのようです。








自分の進む先も分からずに、ただいろんな嫌な気持ちを上手く吐き出せずにいた、そんな時期もありました。








そのときは、今のこんな瞬間が訪れることは考えることも出来ずにいました。






今は、逆にあの時はどうしてあんなに何を悩んでいたのだろうか・・・と思います。







またあんなふうに悩む瞬間がきたら嫌だな・・・とも思います。






でも、純太郎はともかく純ちゃんの笑顔を見ていると、なんだかおかしくて面白くて笑ってしまいます。






実はね、純ちゃんと私は、お見合いで知り合ったんです。






初めは、もちろん好きっていう感覚はなく、でも冷静に客観的に見て、清く正しいひとでした(清く正しすぎて変わり者にも見えました)。






で、清く正しいことに間違いはないだろうと、思い切って知り合って6ヶ月で結婚を決めました。






愛って芽生えて、そして育つものなんですね。






この愛の成長振りに自分が一番驚いてるかもしれません。






でも、母も姉も、最初から純ちゃんは私にぴったりだとすぐ思った・・・と今もよく話しています。




純ちゃんと私がそっくりだと言うんです。





(まあ、清く正しいってとこは置いておいてでしょうが(笑))





私は正反対だと思ってるのに!!




でも、今までは似合わない背伸びばかりしていた私ですが、純ちゃんと知り合ってから、子どものころから好きだったパンやお菓子つくりを再び始めたり、確かに昔のわたし?本来の自分の姿でいられる、そんなふうに実感しています。







自分が自分でいることができること、自分らしくいることができる場所・・・って大事ですよね。






背伸びすることも時には大事だと思います。(純太郎もそのうちそんなときを迎えるかもしれません。)






でもそれがずっとだと疲れてしまうし、長続きしないと思います。






背伸びできるだけしたあとはゆっくりできる場所を見つけられるといいな思います。








あと、純太郎に対して、自分の一生懸命で必死な姿は見せても、いわゆるちゃんとしている姿を見せなきゃとは思えないんです。
(純ちゃんは、反対みたいです。)






そう考えると自分が疲れてしまうし、私らしくない気がするし、純ちゃんは純ちゃん、私は私、純太郎は小さくても純太郎、と思うからですし、そもそもちゃんとって・・・変動的で難しい。




言葉で言うのは難しいのですが、純ちゃんらしさ、私らしさ、純太郎らしさ、そのひとそれぞれの各人らしさ、そんないろんな姿のなかで、ごったごたな人情の機微を感じる気もするし。





純太郎には綺麗にちゃんと育って欲しいという思い以上に、いろんなものを感じて豊かに逞しく育って欲しいのです。





だから、私、このまま直球で行こうと思います。






そんなことを、ぼちぼち考える今日この頃でした。。








では、今日はこの辺で~♪
































[PR]
by junjunkaori | 2016-03-13 17:31 | お菓子づくり